火傷少女のネタバレ結末まとめサイト

漫画「火傷少女」のネタバレ・試し読み・あらすじ結末・感想ブログです。

「火傷少女」ネタバレ結末と感想 漫画第1巻のパート1

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。

このサイトは漫画版「火傷少女」のネタバレ・あらすじ・結末・感想についてまとめています。

左眼に眼帯をしている明るく見える女子高生・シイナは「死にたがり」の少女でした。

彼女の思想ノートに「死にたい」という言葉が隙間なく埋められているのを見た少年・カナメは自らも自殺願望があり、シイナの歪みに惹かれていく・・・というなんとも風変わりな恋愛物語が描かれています。

現在、第1巻が発売されており、物語をキリのいいところで分割してあらすじや感想をご紹介します。

作品名:「火傷少女」

原作:貫徹(エブリスタ連載)

作画:里見有

「火傷少女」の無料試し読み


この漫画は現在コミック版のほか、電子コミックではまんが王国で先行配信中で試し読みができます。

>>試し読みはこちら

 

「火傷少女」第1巻パート1 あらすじ

死にたがりの少女との恋愛


小学校の廃校で、ひとり、荒れ果てた教室でもがきまわる蛾にピンを刺す少女。

左眼に眼帯をしているその少女は・シイナーー『明るくて元気な』死にたがりの女だった。

できれば自分が死にたいけれども、それは最後の最後まで「とっておき」の瞬間にしておきたい。

だから、代償行為として昆虫や小動物に「死を教えてもらう」ために、誰もいない場所で命をむしり取る。

最近、シイナに「好きな人」ができた。

それはカナメーー自分と同じように死にたがっていて、シイナのやることをわかってくれる大事な人。

「お待たせ」

やっと来てくれた。待ちきれなくて始めちゃった、と軽く責めてしまう。帰っちゃったのか、と。

「僕は君をおいていったりしないよ、絶対に」

カナメはそんなシイナの首を締めながら、優しく答える。


「死にたい」ノートがふたりのきっかけ


もともとクラスメイトだったのに、長い間ふたりは会話すらしなかった。

そんなふたりが知り合うきっかけになったのは、シイナが落とした思想ノートをカナメが拾って読んでしまったからだ。

雛見秕ーーシイナは、左眼に眼帯して目立つものの、いつも明るく大声で笑っているような普通の女子高生に見えた。

逢崎要ーーカナメは、クラスメイトたちから離れ、ひとりで行動する孤独な少年。家庭環境が複雑なこともあり、暗く自分から積極的に人に話しかけることもない。内心、ひそかに死にたいと考えることもあった。

カナメはシイナを「向こう側」の人間だと考えていたのに、「死にたい」という言葉が一面に記されていたそのノートを見て、シイナに興味をいだいた。

「好きだよ、そういうの」

そしてもっとそのノートを読みたいと要求し、普通の人と反応が違うのを見て、シイナもまたカナメに心を許すようになる。

「火傷少女」第1巻パート1の感想


表面だけ見れば、「明るくて元気なドジっ子」にしか見えないシイナ。カナメは最初「君はあちら側の人間だったはずじゃないか」と思っていたように、シイナが演じている表面の人格だけ見て判断していたわけです。

異様な左眼の眼帯は、クラスメイトたちには「タブー」と化しており、誰もそのことを尋ねません。けれど、シイナには彼らが絶対に自分のことを理解できないとわかっていました。

クラスの中でひとり、浮いていた少年・カナメは、シイナの「死の願望」を否定せずに「好きだよ」と言ったことで、ふたりは一気に強い絆で結ばれます。

今まで他の人には見せなかった、「本当の顔」をシイナはカナメにだけ、見せるようになります。それが冒頭の廃校での出来事・・・青少年の猟奇犯罪を思わせるような昆虫の解体から始まります。

理由なく死にたがるシイナが、なぜそんなことをしているのか。次の話につづきます。

>>試し読みはこちら

 

 

パート2のネタバレ

yakedogirl.hatenablog.com